酒蔵見学レポート
img_0420_s

八木酒造訪問記

2009.03.07
一次仕込み、二次仕込み、すべてのモロミ工程をかめ壺で行う手間暇かけた八木酒造自慢の「総かめ壺仕込み」。熟成促進効果があったり、かめ壺が呼吸をしてくれたり、様々な効果があります。 しかし、焼酎造りは神の領域。科学では解明できないことの方がたくさんあります。そんなかめ壺は焼酎の神様からの贈り物なのです。  「思いはひとつ、うまい焼酎を造ること。」

  • img_0407_s

    大自然の恵み「水」八木酒造のHPにも掲載されているが、『猿ヶ城渓谷伏流水』『ましら千年洞』等の自然が多く存在し、自然による恵が豊富である。

  • img_0411_s

    写真は寝かされている麹。蒸し機で蒸した国産米を木張りの麹室で製麹を行う。その後一次、二次共に甕壷(かめつぼ)で発酵させる。

  • img_0408_s

    img_0409_s

  • これが仕込み中の甕壷の中です。例のごとくフツフツと音を立て、麹菌によって糖分が分解され、アルコールとなって沸き立っているのが分かります。いい香りがしますよ!
    その後単式蒸留器で蒸留され、貯蔵甕壷へ。また、かめ壷・・・手が混み過ぎてはいませんか??

  • img_0417_s

    img_0419_s

  • img_0421_s

    img_0424_s

  • 冒頭でも述べている、蔵の周囲に広がる大自然と『ましら千年洞』でのワンショット。
    コケと岩、澄んだ水と、暗黒の洞窟。何とも気分が高まりませんか?
  • 澄み切った空気と、素晴らしく綺麗な風景。
    そして「酒」。
    いいですよね。
    もう何も言う事はありません・・・
    機会があれば一度行ってみてはどうでしょうか。

    最高の自然と八木酒造永遠なれ!

バナー
酒蔵見学レポート

日本各地に銘酒を作り続ける酒蔵があります。製法、伝統が各蔵ごとに違い、同時に、違う味わいを持ったお酒が誕生する。そんなロマンをお伝えできればと考えます。

業務時間 10時30分~20時
営業日  毎日営業
駐車場  普通車6台駐車可能
0729-60-3033 0729-60-3034