酒蔵見学レポート
img_0006_s1

植園酒造訪問記

2009.03.08
植園酒造は、鹿児島県の北部、薩摩郡宮之城町にあります。 現在の生産石数は約1200石(一升瓶換算で12万本)。 造っている焼酎の状態が把握できるとの事。 量より質へのこだわりが伺えます。

  • 地元根付く元祖の味
    焼酎ブームって?焼酎に求めるのは何でしょうか。「植園酒造」の焼酎は本当の意味で「昔ながら」です。その意味は写真を見ての通りです。

    img_0007_s

  • この写真は「植園酒造の石蔵」です。重量感 と歴史を兼ね備えた、いかにも貫禄のある佇まいですね。
    ここは仕込み蔵になっています。

    img_0005_s1

  • 上の写真がこの石蔵の中です。ホーローのタンクと甕壷が2種類埋め込まれているのが分かると思います。甕はとても古く、かなりの歴史を感じます。

    img_0017_s1

  • さて、何が見ての通り?はい。見ての通り無菌状態の完全潔癖な蔵ではないですよね。この蔵には「蔵付き酵母」が住み着いているとか。でも決して不潔なわけじゃないですよ!丁寧に管理して、長年の歴史を積み重ねた結果なんです。
    これが地元民に愛される伝統の味の秘密なんですね。焼酎の通にはたまらない絶品です。
  • img_0002_s1
  • img_0023_s
  • img_0012_s
  • img_0016_s1
バナー
酒蔵見学レポート

日本各地に銘酒を作り続ける酒蔵があります。製法、伝統が各蔵ごとに違い、同時に、違う味わいを持ったお酒が誕生する。そんなロマンをお伝えできればと考えます。

業務時間 10時30分~20時
営業日  毎日営業
駐車場  普通車6台駐車可能
0729-60-3033 0729-60-3034