酒蔵見学レポート
img_0061_s

黄金酒造訪問記

2009.03.08
鹿児島県霧島市国分敷根にある酒蔵。創業は昭和24年。年間生産石数約3,000石の小さな蔵元ですが、美味しく安心して飲める「体に優しい焼酎」造りを企業理念に掲げる。 製法は他には無い、「遠赤焙煎仕込法」、「pH値転換蒸留法」、「芋麹の製造及び芋麹を用いた焼酎(特許)」など。新しい技術を開発し、取り入れるユニークさが特徴。

  • 特許取得の新技術で焼酎造りを実現img_0043_s1

    黄金酒造の特徴として挙がるのが、原料の麦や芋を遠赤外線で焙煎する技術、また「ペーハー値転換蒸留法」という特許製法。これにより「さつま黄金」「いのち」「東五」を製造する。

  • 従来の焼酎にはイオン交換という科学的な処理法を使ったものもあるが、「ペーハー値転換蒸留法」は、減圧蒸留した一次原酒に、飲用に適した温泉水を添加し、アルカリ性に転換。更に再度の減圧蒸留でペーハー値を高め、酸度をゼロに近づける技術です。

    img_0029_s1

  • img_0036_s1

    仕込み中の画像です。ホウロウ製と樹脂性のタンクです。モロミからアルコールの気泡が出ているのが分かります。ここに黄金酒造の特徴である、遠赤焙煎した麦、若しくは、芋を投入し、更に発酵させ風味や味を深めていきます。フルーティな良い香りがしました。

  • img_0042_s

    さて、味見の時間です。45度近い度数の原酒。当たり前ですが美味いです!ここも一つのポイント。この甕(かめ)、実はセラミック加工が施され遠赤外線を発生させる仕組みになっています。

  • img_0059_s

    甕壷の貯蔵以外にも樽による熟成貯蔵も行われています。きっと木樽の香りが心地よい風味を作り出しているんでしょうね。試飲は・・・冗談です。

  • img_0053_s

    独自のコダワリとオリジナリティー溢れる技術が垣間見えました。「新しい」と言っても、量産する為や私欲の為ではなく、独自の焼酎を開発しようと試行錯誤を繰り返した結果が、

  • この黄金酒造のオリジナルティーとして表面化されたのだと感じました。全てを語らずともすでに黄金酒造ブランドとして、確立されていますか・・・ご参考までに。
バナー
酒蔵見学レポート

日本各地に銘酒を作り続ける酒蔵があります。製法、伝統が各蔵ごとに違い、同時に、違う味わいを持ったお酒が誕生する。そんなロマンをお伝えできればと考えます。

業務時間 10時30分~20時
営業日  毎日営業
駐車場  普通車6台駐車可能
0729-60-3033 0729-60-3034