酒蔵見学レポート
img_0027_s

丸西酒造訪問記

2009.03.08
丸西酒造は、鹿児島県志布志市有明の蓬原(ふつはら)菱田川近くにある小さい蔵です。この蔵の歴史は古く、100年の長い歴史を持ちます。 創業当時からの甕(かめ)を使用し、昔ながらの製法により伝統の味を受け継いでいます。

  • img_0036_s

    100年の長い歴史 歴史がある事はつまり、愛飲するファンがいるからだと私は思う。
    手間のかかる焼酎づくりは適当な仕事が受け入れられる仕事ではない。

  • できる事をコツコツと積み重ねる努力こそが、より味わい深い「愛情」のこもったものを創造する行為です。
    今回は甕仕込で有名な丸西酒造さんにお邪魔しました。

    img_0032_s

  • 上部写真は創業当時から大事に使い込んでおれらる甕です。この甕であるからこそ「丸西酒造独自」の伝統の味を受け継いでいく事ができるのです。

    img_0058_s

  • img_0041_s

    独特の蒸留方法としては、一次仕込みは甕仕込み、度数の高い原酒で熟成、地下50メートルから水を汲み上げる鮮度の非常に高い割り水である。これにより、飲み飽きない庶民の酒ができあがるのだ。

  • img_0043_s
  • img_0062_s
バナー
酒蔵見学レポート

日本各地に銘酒を作り続ける酒蔵があります。製法、伝統が各蔵ごとに違い、同時に、違う味わいを持ったお酒が誕生する。そんなロマンをお伝えできればと考えます。

業務時間 10時30分~20時
営業日  毎日営業
駐車場  普通車6台駐車可能
0729-60-3033 0729-60-3034