酒蔵見学レポート
sirakane

白金酒造訪問記

2009.03.08
明治2年創業。白金酒造では、原料と水にこだわること以外に「蔵元みんなでつくる焼酎」という意識づけを徹底して行っています。 杜氏、蔵子、品質管理者、営業などさまざまな人が、皆で一つになってつくるからこそ良い焼酎ができるという信念のもと、日々、試飲・研究を重ねています。 代表銘柄は「白金乃露」。鹿児島では焼酎の代名詞となった事も。

  • img_0488_s

    製麹(せいぎょく)固めに蒸し上げた米に麹菌を混ぜ込んだ状態です。この状態にするまでに、蔵人達が手作業で麹菌を米に混ぜ込みます。これが麹の下準備です。

  • img_0528_s

    一次モロミ(一次仕込み)用のかめ壷です。石蔵の中に設置されており温度変化が少なく常に一定に保つ事ができる利点がある。麹と焼酎酵母を入れ、ブドウ糖をアルコールに変える工程の一部分です。

  • img_0522_s

    二次モロミ(二次仕込み)に使用するサツマ芋です。丁寧に皮を剥き、蒸して一次モロミに加え、更に発酵させます。白金酒造は一次二次ともに甕による仕込みを行っています。

  • img_0529_s

    二次モロミ(二次仕込み)です。焼酎酵母がサツマ芋のブドウ糖を食べ更に発酵が進みます。写真からも表面に気泡が見えるのが分かると思います。現場ではプツプツと音が聞こえ、発酵が進んでいるのが素人目にも分かります。

  • img_0523_s1

    木桶蒸留器。これが白金酒造の目玉。常圧蒸留の原点です。通常のステンレス製と比べると経済的によくないのですが、この木桶蒸留器でないとでない香りや味わいがあるんです。木樽をつくれる職人がごくわずかである現実が辛く悲しくも感じられました。

  • img_0503_s

    瓶詰め作業風景です。おばあちゃんが頑張ってました。この後ラベルが貼られ、めでたく出荷となり皆様のお家へ。

  • img_0534_s

    「飲み易さばかり追求して、どこの焼酎かわからないものを造っても価値がない。もっと芋の良さを生かし、色んな香味が混ざり合ったまろやかな味わいのある焼酎を造っていきます。」との事でした。

  • img_0505_s
  • img_0525_s

    「こだわり」が強烈でした。手間がかかるから美味い焼酎ができるのではなく、美味い焼酎は手間がかかるんですね。

バナー
酒蔵見学レポート

日本各地に銘酒を作り続ける酒蔵があります。製法、伝統が各蔵ごとに違い、同時に、違う味わいを持ったお酒が誕生する。そんなロマンをお伝えできればと考えます。

業務時間 10時30分~20時
営業日  毎日営業
駐車場  普通車6台駐車可能
0729-60-3033 0729-60-3034